2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

サーティナイン・ドンマイ合宿In蒲郡2010

  • Cimg0944
    サムネイルクリックで大きい画像になります。 お好きな画像の上で右クリックから「名前をつけて画像を保存」をお選びになり、お持ち帰りくださいね~(* ゚ー゚)ノ
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウィンブルドン2006

2006年7月10日 (月)

男子ファイナル!!!!

終わった、、、。

14日間の戦いがようやく幕を閉じる。
ここんとこフレンチオープンの後、サッカーワールドカップ、そしてウィンブルドン、ホントに忙しく楽しいことがいっぱいで、寝る暇がなかったな。
祭りが終わり、、、サミスイ、、、。
っちゅーかさ、こんなにつめこまないで、通年を満遍なくいろんなイベントがあるといいなぁ。ねぇ。

試合のほうは第一セット、もう「神プレイ」の連続で、あっという間に終わっちゃった。
なんと6-0!むむむ、、、このまま行っちゃうのか、、、と思っていたら第二セットは息詰まる接戦。タイブレークにもつれ込む。
面白くなってきた。このままじゃ観客が怒るよ。ナダル、がんばれ。
結局このタイブレークはフェデラーがもぎ取る。

第三セット、追い込まれたナダルが粘る。またもタイブレーク。
なんとなくフェデラーの第一セットで見せた「神プレイ」は姿を潜めている。でも凄いけど。
今度はナダルが勝ち取る。

さぁ、ココから挽回!と思ってるだろう、ナダルくん。
でも、フェデラーは「芝の王者」。壁は高い。
ワンブレークのまま試合は進み、力尽きたかナダル、とうとうフェデラーにチャンピオンシップポイントが。

おめでとう!フェデラー。
しばらくは彼の時代が続きそうだね。ナダルが彼のレベルになるのにはもう少しかかりそう。まだ若いしね。とはいえ、フェデラーだって十分まだ若者のうちなんだけどw
あの人ってなんか、貫禄あるっていうか、落ち着いてるっていうか、ま、平たく言うと「ふけて」る。

2006年7月 9日 (日)

女子ファイナル!!!!!

終わったーーー!!終わったよー!!!

エナンvsモレスモーで行われた女子決勝戦。
今までセミファイナルの壁を越えられずに悩んでいた兄貴、今回も、、、とかずーっと言われてきた彼女だけど、今年の兄貴は別人やんっ!
凄い、凄すぎる、、、さすが兄貴。かっこいい、、、。

近年、サーブ&ボレーの選手は、ラケットの進化に伴い男子女子ともだんだん減ってきていて、少しばかり単調なラリーの打ち合いの試合になることが多かったんだけど、兄貴は果敢にもサーブ&ボレーのみならずチップ&チャージまでどんどんやってくれた。
ウィンブルドンでの戦い方(ローン全般ですが)をしっかりこなしてくれてホントに楽しませてもらった。久しぶりに変化にとんだ見ごたえのある試合だったと思うな。

心配された兄貴の「勝ちビビリ病」も姿を現さず(もっともファーストセットダウンからの逆転だけど)、最後まで守りに入る事もなく試合を運べた。
一方、エナンはいつもの元気がなく、疲れもあってかセカンドセットを取ってから少し守りに入ったような感じがした。
またお腹いたくなっちゃったのかと思うくらい、スタミナ切れかな、ミスを連発。普段では考えられないプレイで勝ちを逃がした。

今日は兄貴の日だったんだね。うん。
しっかし、優勝すると賞金「一億三千万円」。準優勝だとこの半額。1ポイントが凄いお金なのだ。大会試合中14日間で稼ぐんだけどね。目の色かわっちゃうな。

そうそう、賞金といえば、グランドスラムのほかの大会は今では賞金金額に男女の格差がないのに、このウィンブルドンはいまだに男女差をつけているの。男子のほうが600万円ほど高いとか、、、男女差別!?って、女性団体がクレーム出しそうなものだが、、、って、ちょっと待って。

そもそも女子は3セットゲーム、男子は5セットゲームで試合をすることになっている(例外もある)。男子のほうが労働時間が長いから、仕方ないといえば仕方ない、むしろ当然か、、、。他の3つのグランドスラムが女性団体の圧力に負けただけかもwww
まぁ、3セットで決着がつく男子の試合もあれば、フルセットで、三つのセットをやらなければいけない女子の試合もある。
強いほうが労働時間が短い、すなわち時給が高いってことか。ほー。
んじゃ、やっぱ、格差はしょうがないかな。でもちょっとムカつく。

2006年7月 5日 (水)

大会7,8日目!

女子のベスト4が出揃いました。

セミファイナルの組み合わせは、
モレスモーvsシャラポワ
エナンvsクライシュテルス(クリスターズか、、、)

久しぶりに第1シードから第4シードまでが勝ち上がり、どちらも楽しみな対戦カードです。ヒンギスがいないのはちょっと残念。
それにしても杉山さん、ヒンギスを破っておいてランキング100番台の格下の選手にあっさりと敗れ去ってしまうとは、、、そりゃないよ。

世界中がヒンギスの活躍を楽しみにしていたのに、日本人選手に敗退しもうみられなくなってしまったばかりか、その後の試合ではその選手はまったく精彩を欠く試合で敗れ去るなんて。世界を敵に回したね、きっと。まぁ、ヒンギスがよい出来ではなかったのが一番の問題なんだけどね。勝って文句言われちゃたまらんわな。
でもさ、ホントに杉山さんって、格下には弱いのね。100番台の選手と戦う時はいつもそのことが頭によぎる私、、、。
だって、多いんだもん、そういう取りこぼし。格上には思い切ってぶつかれるのに、下の選手にはどうしても勝たなきゃいけないっていう変なプレッシャーみたいなものがあるのか。
それにしてもそういうの多杉。

で、夕べのライブ、面白かった。
シャラポワvsディメンティエワ。
プレイはさておき、ハプニングが!!!!!!!!!!!!

第二セット、3ゲームが終わったところのチェンジエンド、解説の伊達さんが「ああっ!!」と叫ぶ。何事かと思うとシャラポワのコートの中で、

フリ〇ンで側転するストリーカー!!!

久々に見せてくれました。プランプラン、しっかり映ってました。NHKハイビジョンでとってもきれいな映像です。楽しそうに走り回るハダカの男。後ろを向いて見ないフリをするシャラポワ。見ただろうな、うん、絶対見た。
そのあとのプレイは動揺が隠し切れず。若い女の子だもんね、一応。
ディメンティエワはさすがにオトナ。プレイが始まってもおかしさがこみ上げて笑いが止まらない。
大量リードしていたシャラポワが追いつかれる。引きずってたのかな。カワユイのう。私ぐらいのベテランになるとwそのくらい平気なのだけど、ねぇ。

それにしてもあのストリーカー、コート上ではしゃぎまわり警備員が駆けつけ毛布でくるむまでるまで数十秒、、、遅すぎるやん。スンゴイ数の警備員が最初からいるんだよ。なんで?あぶないものでも持ってたらどうすんの。ニヤニヤしてちゃだめでしょーが!前のセレスのように刺されでもしたら、、、あーこわ。
でさ、テレビ放送なのに、ストリーカーの姿をバッチリ多角方向からカメラで捕らえてたイギリスの放送局。エライ。あんなもの全国放送するとは、、、流石です。

その後の12時からのNHK総合での再放送、しっかりその部分はカットされてたwww
あたりまえか。解説が「あんなことを引きずってないといいのですが、、、」と言ったコメント、見てなかった人はなんのことかわからないやん、と思ってたら進行のアナがすかさず「さきほどハダカの男性が乱入するといった事がありました」とコメントした。
う~ん、こちらもさすが。先のライブでしたこの進行は、再放送でのカットを踏まえてのコメントだったのね。納得。
でも、見てない人は気になったでしょうね。日常はNHKハイビジョンでは絶対見ることが出来ないものが、ああもはっきり見えちゃったってのは面白かったよ~w

そういえば以前WOWOW放送中にもストリーカーの乱入があったな。
そのときは、ボール3個を三角形に前を隠すように並べたTバックを自己製作して履いていたけっこう年配の小太りのオッちゃんだった。前を隠すだけ良心的。
もっと前にはハダカエプロンのおねーちゃんのときもあった。こっちは喜ばれただろうけどねw
それにしても、自分のハダカを世界配信してもらいたいなんて、よっぽど自信があるのね。確かに昨日の彼の「ふり幅」は日本人のソレよりかなり大きかったですが。

2006年7月 2日 (日)

大会6日目!

アガシ、若虎に敗れる、、、。

涙涙、、、です。
アガシはもうこのウィンブルドンセンターコートに戻ってくる事はないのでしょうか。今期限りで引退を宣言している彼。35歳。サンプラスよりひとつ年上なのに彼より長い選手生命。
そうだよね、あのボルグやマッケンローなんかがいるときに、若手として活躍してたんだもんね。今では面影もないライオンヘアで、ジーパンぶった切ったようなパンツはいてプレイしてたな。暴れん坊ぶりはマッケンローも顔負けだったようで。

女優のブルック・シールズと結婚してから数々のパーティーに明け暮れるうち、テニスへの情熱が薄れ、ランキングも付かないくらいの半引退状態。ブルック・シールズ、ひょっとしてサゲ〇ン?きれいな人と結婚すると、周りが見えなくなるのかね。それじゃ、ウチのダーリンも心配ね、うん。

シュテフィー・グラフと結婚してからは、またランキングも大幅に上がり、1位だった時もあったと思う。子どもも生まれ、幸せいっぱい。
そういえば、今回彼がしていたチョーカー、「DADDY ROCKS」ってビーズで作ってあって、「お父さん、やっちゃえ!」みたいな意味なんだとか。息子さんの手作りプレゼントだそうです。幸せそう。変なピアスとか最近してないしね。いいパパしてるんだね。

サンプラスは結婚後子どもが生まれ引退してしまったのだけど、この二人のライバル関係、もうすこし見せて欲しかったのは私だけではないでしょう。
今後、彼らの二人の子どもが成長し(アガシのところはお子さん二人ですが)、また父たちのようにすばらしいライバルになれるといいな。また10年後くらいに楽しみは先送りだけど。

どちらかといえば父母ともにトップ選手だったアガシのお子さんのほうが若干有利かな、、、と。テニスの英才教育ですよ。もうすでにラケットは握らされてるわなぁ、あたりまえのように。
でもまぁ、詰め込もうとすると反発するのが子どもですから、テニスなんかもうやヤダーーーーーーーーー、ってなこともありうるわけで。
長男はまだ5歳。こんなに生まれた時から周囲のプレッシャーを受けて生まれる子も少ないわけで。サンプラスのお子さんもまた然り。
グレたりしない事を祈る、、、。

2006年7月 1日 (土)

大会3,4,5日目!

更新がなかなかできず、はしょった感がありますがご容赦。
NHKって、センターコートで行われる試合しか放送しないのか?BSハイビジョンではいつもセンターコートの男子の試合が放送されるような、、、。総合ではたまに女子が登場するけど、覚えてる限りではハイビジョンで放送があった女子は兄貴(モレスモー)の試合ぐらいかなぁ。定かではないので、間違ってたらすみません。
でも私、女子の試合も見たいの。もっとやって。

モレスモーといえば、NHKでは「モーレスモ」、クライシュテルスは「クリスターズ」、他にも違和感のある呼び方が結構ある。まぁ、外国語を日本のカタカナにするのは難しい事だとは思うんだけど、クライシュテルスなどは、「クリスターズ」では発音が違う事を本人がクレームを付け、今の「クライシュテルス」にされたんだよね。それも数年前に。「ドキック」が「ドキッチ」になったことも。
いくら「英語読み」だとはいえ、彼女英語圏の人じゃないでしょう?じゃぁやっぱり彼女の母国語できこえる音が彼女の名前でしょう。日本人だって、中国ではこう読むからって、アナタの名前は「ポンチーカンロン」で、なーんて言われたらイヤじゃんねぇ。NHKさん、そろそろ直すほうがよいのでは?ねぇ。頑固はだめよ。

そうそう、杉山が大金星!
、、、ヒンギスファンとしてはさびしいところなんだけど、日本人としては杉山を応援したいし、複雑な気持ちで放送を見てた。
杉山さん、ものすごくミスが少なかったね。調子よさそう。ヒンギスの作戦をことごとく封じてた。得意なショットもガンガン決まって気持ちよかった。今大会中に31歳になるとか。そろそろ、、、の声もささやかれる中、ホントにおめでとうございます!
ヒンギスはまだ25歳。まだ5年はいけるよね。来年ガンバレ!!、、、でもやっぱもうこの大会から姿を消したのはちょっとさびしいなぁ。うん。

トミー・ハース負けちゃった!
タイプなのに、、、、。残念。
後は誰を楽しみにすればっ!?
ロディックはまだ残ってたっけ?

そうそう、フェデラーとシャラ姫のウェアの背中にあるあのウロコ(みたいな)、すごいんだよ~。ナイキが開発したスンゴイ秘密があるとか。なんでも、汗をかくとあのウロコが開き、乾くと閉じるんだと。、、、必要かどうかは別として、なんか凄い、、、ような。しかしあの形状、ちょっとキモイ、、、かも。
最初から穴あけとけば涼しいじゃん、といってしまえば元も子もない。

2006年6月28日 (水)

大会2日目!

夕べは雨天サスペンデッドになった試合が行われた。

やっぱりウィンブルドンの雰囲気はよそとはかなり違うなぁ。グリーン系で統一された落ち着いた雰囲気。ラインパーソンのユニフォームもグリーンに白いパイピングが施されたかっちょいいブレザースーツ。女子はパンツスタイルとミディアムスカートの二種類があるみたい。ネクタイ締めてたりして、すごい上品。
観客も静かに熱戦を見つめている。「Oh~!」とか「Hooommm!」とか、あとはよいプレイに拍手するぐらいで。カラーアフロとかもいないなぁ。ホントお上品。

フェデラーのウェア、、、!?襟がない!?
昨日、襟付きが原則、と書いたばっかりなのに、なんで?
相手のウェアはしっかり襟が付いてる。そうでしょう?フェデラーのTシャツ、ほんの少し襟が立ってるような、、、イヤ、やっぱり立ってないような、、、あんな低いスタンドカラーも無いわなぁ。ひょっとしたら最近は無しもアリなのか?あぁ、よくわからん文章になってしまったwルールが変わったのか?ちょっと調べてみようかな。
続くアガシの試合も、アガシのウェア、文句無く襟なしだった。こちらも相手は襟付き着てたんだけど。ランキングの高い人は文句付けられないとか、、、んなこたぁないか。
ともかく、不確定な情報を提供しました。申し訳ありませんでした。ぺこり。

杉山、森上、朝越も一回戦突破らしい。頑張ってるね。
NHKはどうもサービスが悪い。なかなかアザーコートの様子は報告ないし、日本人がどこまで行ってるとかの情報も皆無。なんでよ。もうちょっと、なんとかしてくれ。
さて、今夜はどんな試合が行われるのかな。

関係ないが、先日買った携帯電話、音楽転送ソフトが上手く使えない理由をイロイロ調べてみた。どうやら、音楽再生の際、電話番号を使って暗号化しているらしい。
、、、メニューと「0」を押した時に出るはずの自分の電話番号が、「未登録」となっている!?なにこれ、なんで?
普通、3Gは購入する時「USIMカード」にvodafoneが、使用者の情報を登録するはず。というか、その登録は店側でしか出来ないはず。私にはどうしようもないので、どういうことなのか、購入した「ヤ〇ダ電気」に行ってみることにした。

受付カウンターにはまつげバチバチのクルクル巻き髪のおねーちゃん。
大丈夫か、、、と思いつつ、現状を説明する。一通り私の携帯をいじくりまわした後、ちょっと問い合わせますね、と言いどこかに電話をした。

「ねぇねぇ、705Tなんだけどさぁ、なんかさぁ、自分の電話番号ってあるやん?それがさぁ、出てこーへんみたいなんやてぇ。なんでかわかる?うんうん、なんか知らんけど、出ーへん。うん、マジで、うんマジで。超わけわからんのやけど。あ、ホント?じゃ、お願いしまーす、、、プチ。、、、今詳しい者が来ますので、お待ちください」

、、、そうしてください。チェンジ。

しばらく待つと、今度はさっきのねーちゃんが2~3年成長したようなおねーちゃんが出てくる。ホントに今度はだいじょぶ?
さっきの説明を1からして、ひとしきりふたたびいじくりまわされる私の携帯。あちこち押され開けられプライバシーもヘッタクレもない。「ちょっと問い合わせますね」と、カタログの無料サービスセンターに問い合わせている。混んでいるらしくものすごい時間がかかってやっとつながる。さっきのねーちゃんよりはちゃんとした受け答えで、少し安心。
奥へ引っ込んだり表へ出てきたり、「かならず何とかしますから、もう少しお待ちください」だと。そりゃそうだろう。何とかします、ってのがちょっと笑える。

一時間が経つ。
まだ、原因が解明しない。
だからさ、「USIMカード」が原因だと思うんだよね。そっち見てよ。

「ちょっとわかりませんので、申し訳ありませんが専門のショップのほうへお願いできますでしょうか」

、、、そうでしょうとも。はいはい、行ってきますよ。

で、vodaショップで。
説明をして座って「聞いた事がない状態」というおねーちゃん。待つこと約十分。おねーちゃんがどこかとパソコン画面を開きながら電話で説明を受けている。「USIMカード」を取り出し、カードリーダーにいれ、、、ハイ出来上がり。
あっけない。
さすがショップ。ねーちゃんによると、カードの登録ミス、パソコンとカードの相性によりごくまれにホントにまれにあることだという。
よかった。さきにショップに来ればよかったよ。今後はショップで購入しようと心に決めた私。

2006年6月27日 (火)

ウィンブルドン2006!大会初日

いよいよ始まりました、ウィンブルドン2006!
前のフレンチオープンからまだ日が浅いってのに、、、選手も大変です。

ココの大会は由緒正しい会場で行われます。イギリス王室などからたくさんのセレブたちが観戦に訪れ、とても格式高い大会。
選手たちのユニフォームも他の大会のようにカラフルでオッシャレーなものは無く、男女ともに白を基調にしたもの、と決められています。その上、男子は襟付き、とも決まっています。違反があると注意を受け、激しい場合はペナルティーともなるとか。女子でも多少の差し色は認められていますが、色の分量が多いと注意を受けます。違反であるとされたウェアしかもって来ていない選手は、他の選手に急遽借りたりもするそうですよ。
応援する側もハイソな雰囲気で、激しい野次やブーイングも飛ぶ事はあまりないようす。だって、お下品だから。ええ。

今日はどんな選手が出てくるかな、、、、って。おいっ!
いきなり雨でサスペンデッドかいっ!
いっつもココはこんななんだよねぇ。大会中雨の多い事。あの膨らんだコートカバー、あまりみたくありませんなぁ。雨の多いイギリスでも今は特に雨が降る時期なのか、雨天サスペンデッドが多すぎ。
でも、あちらの観客のレディーやジェントルマンはちっとも動じない。有名(と思われる)な歌手なんかも見に来てて、そんな人なんかが即興リサイタルなんか始めちゃったりして、雨を楽しんでもいる様子。何時間でもそうして遊んでいられるとか。優雅ですこと、、、。
日本人ならチケット払い戻しにカウンターに殺到してる事でしょうね。

あそこの名物「ストロベリークリーム」、食べてみたい!!!
カップの中にたっくさんのイチゴがはいってて、ホイップクリーム(アイスかも)がもりもりと乗っているの。マジ美味そう。みんなそれ食べてるんだよ。

、、、は、いいけど、ちっとも試合始まんない。ますますこれから雨が強くなる予報だとか。後一時間出来なければ今日のチケット払い戻し決定だって。
TVは去年の試合を流し続けてる。もう男子二試合目だよ。しかも去年の決勝戦?いいのかな、もう決勝戦流したりして、今後雨降った時、何を再放送するのか、、、。心配してもしょうがないがな。

あーもう今夜はだめだな。セレブじゃない私は優雅に待てず、寝てしまうのでした、、、。
またご報告は明日ね。