2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

サーティナイン・ドンマイ合宿In蒲郡2010

  • Cimg0944
    サムネイルクリックで大きい画像になります。 お好きな画像の上で右クリックから「名前をつけて画像を保存」をお選びになり、お持ち帰りくださいね~(* ゚ー゚)ノ
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ウィンブルドンテニス2007

2007年7月 9日 (月)

ウィンブルドンテニス2007 大会最終日 男子決勝!!!

長いような短いような2週間がいよいよ幕を閉じる!

男子決勝優勝者はやっぱりこの人、ロジャー・フェデラー。

まれに見るいい決勝戦だったと思います。
もっとあっさりフェデラーが決めてしまうのかと思っていたのですが、ナダルもすごかった。

男子の試合は長いので、ずーっとTVの前で座ってるってことはあまりないんだけど、今日は時間を忘れて手に汗握って観てました。

最後までどっちに転ぶかわからなかったね。
途中、ナダルがトレーナーを呼んだり、フェデラーが崩れちやうのかなと思わせたり・・・

最後のポイントが決まった瞬間、女座りで崩れ落ちたフェデラーもなんか可愛かった。
おばさんも胸が熱くなりましたo(TヘTo)

放送中、フェデラーのサーブとサンプラスのサーブを並べて比較してるところがあったね。
それで初めて気づいたんだけど、二人のサービスのフォーム、よく見たらそっくりじゃん。
トスアップの高さとフォロースルーに若干の違いはあるものの、膝の使い方やラケットの振り上げ、体の角度、よく似てるなぁ。

あの地味ーな雰囲気の中に燃えている闘志なんかもね。

今回で、ウィンブルドン5連覇ということになったのだけど、こうなったら6連覇、だね。
芝でも戦うことが出来ることがわかったナダルもいっそう追い上げてくるでしょう。
男子テニス2強時代、サンプラスとアガシのようなライバル関係が続いたらまた面白くなる。
また、新たな刺客が現れることにも期待したい。
面白い男子テニスを魅せてほしいです。

TVでは試合が終わった後、オマケのように言ってましたが、杉山とスレボトニクは惜しくも破れてしまいました。
でも、準優勝でもすごいよね!!
お疲れ様でした!

さて、今回はまじめに更新した結果報告、今日でウィンブルドンとはお別れです。
これからはまた、いつものなんでもない戯言ブログに戻ります。

つぎはUSオープンか・・・楽しみだなぁ。
そのときはまた、私も頑張りますよ~。

じゃ、もう寝る(つ∀-)オヤスミー


2007年7月 8日 (日)

ウィンブルドンテニス2007 女子ファイナル!!

T_13_vwilliams_232_gettyimages_a_liveseyビーナス・ウィリアムズ優勝!!

いい笑顔してます。

痛みにこらえバルトリも頑張った!!感動した!!
おお、このフレーズ、結構使える。

バルトリがトレーナーを呼んで足のうらの豆を治療してもらうとき、NHKの進行が解説の伊達君子さんに

「どのあたりでしょうか?」

と聞くと伊達さん、

「えー、そうですね、『土踏まずのいちばん出っ張ったところ』だと思います」

・・・どこだ。
一番出っ張った『土踏まず』。
出っ張ってないから『土踏まず』であり出っ張ったら『土踏んじゃう』ので。
小一時間笑いました。

それにしても、ジョコビッチ(ヨコビッチですか)にしても豆をつぶしてひどいことになってましたね。
いつかはサフィンが手一面に出来たスンゴイ豆に苦労していたこともありましたが、あれだけ毎日練習して各地のツアーに廻り、激しい試合をしている彼らでも、いまさら新しい豆が発生してしまうなんて・・・

試合の激しさを表してるものだとは思うのだけど、相撲取りなんて日ごろの練習で足の裏が肥厚して画鋲を踏んでも大丈夫、なんて聞きます。
練習するほどあたる部分は肥厚を重ねて丈夫になっていくものではないのかな。
その肥厚した部分がごっそり剥けてしまったのか?
それとも、ウィンブルドンでは普段そんなに使わない部分を使わないと勝てないからなのか?
もうひとつ、各ウェアメーカーが毎年出す新製品のシューズなどを、足にあっていなくても履かなくてはいけない、なんてのもあるかも。

当事者以外にはわからないことだけど、痛そうだったね、ヨコビッチの治療風景。

リタイアの原因は豆だったのか、それとも腰痛だったのか。
走れなくなったようには見えたのだけど、サーブなんかは打ててたみたいだし、腰痛というよりやっぱり豆なのかな。

少し残念。
ボクサーのように、いわゆるゾーンに入ったら痛みも疲労も時間も何も感じなくなってただ目の前だけに集中できる、という状況にはなりきれなかったのね。

いつかアガシが本当は立っていられないほどの腰痛と戦いながらも最後まで投げ出さずコートに立ち続けた、というエピソードがありました。
彼は結局負けてしまうのだけど、そこまで頑張った理由として

「プロとして、試合を投げ出すのは観客にも相手にも礼儀として許されない。自分にはリタイアの選択肢はない」

と(いうような内容だったような・・・定かではないが遠からずと)語りました。
彼は試合が終わるとベンチまで戻ることが出来ず、担架でコートを去りました。

並大抵のことではないですが、これくらいの根性があれば、ヨコビッチも将来すごい選手になれるかもですね。
豆くらい、、、なんて外野からはそう見えちゃいます。
1セット目がすごくよかっただけに、もうちょっと根性見せてほしかったな。

まぁ、チンタラテニスプレイヤーの私ならチャッチャと試合を投げ出して、「ココがこんななの~」って負けの言い訳に宣伝しまくっちゃうんでしょうが(〃∇〃)

とにかく今夜は男子ファイナル!
またも、2強の戦いになりました。
私はこれまでを見てるとやっぱりフェデラー優位かな~みたいな感じがしますがどうでしょうか?
ドラマが期待されます。

もうひとつ、杉山もダブルス決勝です!
こっちも是非観たい!
いつもの感じなら、男子決勝がチャッチャと終われば残った時間はこっちを放送してくれるんだけど・・・どうなんでしょ。

Wtaw220 そうそう、これね、ビーナスの今大会のプロフ写真。

ウィンブルドンのホームページで発見。

・・・ビヨンセか!

恐るべしPhotoShop。

お見合い写真をそのまま信じてはいけません。

一応昨日の結果です。

Wimbledon Day 12 主な結果

Men

SF
Federer d,Gasquet 7-5 6-3 6-4
Nadal d.Djokovic 3-6 6-1 4-1 ret


Women

Final
Venus W. d.Bartoli 6-4 6-1

2007年7月 7日 (土)

ウィンブルドン2007 大会11日目・・・あれ?

夕べ女子のQFやってたよね・・・クズネツォワVSビーナス。
その前にフェデラーの試合とナダルの試合をTVリモコン片手にあっちこっちしながら観てて・・・

ほんで、今日の予定、女子ファイナル・・・

えぇ?なんで?
SFは?やったの?
エナン、いつの間に負けてたの?
夕べの放送、最後まで観れなかったんだけど、やってた?

誰か教えて・・・。

なんかさ、ライブスコアやらLIVE放送やら録画放送、いろいろみてたら頭こんがらがった。

というわけで、知らない間にエナンも消え、ロディックも撃沈、ビーナスの動向だけはしっかりと把握させられ、勝ち残った相手が誰になったのか今日まで知らず、いよいよ決勝となりましたよo(TヘTo)
なんかあわただしかったね。

ビーナスの試合ばっかり何回観たかな・・・。

今、男子のSF真っ最中。
コレ、TVでは観れないのか・・・

なーんだーかなー。

ロディックもエナンも負けたってことをただのアルファベットの羅列で知るなんて・・・
そもそもSFを放送しないなんてありえない!!
観たかったカードばっかりやん!!

総集編で放送してくれるかぁ?無理だろうなぁ。

すっごくフラストレーションが溜まったぞ。
いまなら「元気玉」撃てそう。

ということで、なかばこめかみピキピキしながら一応結果報告。

Wimbledon Day 11 主な結果★

Men

QF
Nadal d.Berdych 7-6(1) 6-4 6-2
Federer d,Ferrero 7-6(2) 3-6 6-1 6-3
Djokovic d.Baghdatis 7-6(5) 7-6(9) 6-7(3) 4-6 7-5
Gasquet d.Roddick 4-6 4-6 7-6(2) 7-6(3) 8-6


Women

SF
Venus W. d.Ivanovic 6-2 6-4
Henin Bartoli 6-1 5-7 1-6

2007年7月 6日 (金)

ウィンブルドンテニス2007 大会10日目

夕べの美女対決、イバノビッチVSバイディソバは面白かった。
やっぱり、あのくらい競り合った試合じゃないと。

最後の最後までどっちに転ぶかわからなかった。
シード的にもイバノビッチのほうが上だから勝って本当なんだろうけどね。
5-3でバイディソバがマッチポイントを二つ握ったときにはもう終わった・・・と思ったのに、あそこで思い切ったプレイでゲームを取ったイバノビッチがそのままの勢いで勝利をつかんだ。

かわいいして顔で腹が据わっているんだな、あのコは。若いのにたいしたもんですよ。
SFはビーナスか・・・楽しみね。

ところで、NHKの放送、なんか偏ってるよねぇ。
女子ばっかやってるし、しかもウィリアムズ祭り。
おまけに放送前だというのにNHKホームページのドロー表にはもう結果が出てる・・・

解説はとんちんかんだしさ。

「強烈です」
「ビッグサーブです」

しか言うことないんかい!!
一試合に何度同じコメントですか。

「凄いですね」
素人ですか、あなたがたは。

「長いラリーが続きました」
「カバーパーソンの人たちが・・・」

馬から落馬してんじゃないのよ。
ったく、日本語勉強しようよ。
ボキャブラリーが貧困すぎる。
いちいち気になってしょうがない。
天下のNHKさんなんでしょう?
名選手名監督にあらず、ではないですが、名解説者にあらず・・・みたいな。

面白みが半減します。

ナントカしてください。
ウィンブルドン、嫌いになっちゃいます。

んでね、NHK独特の名前の呼び方がまたイヤだ。

外国語を日本語にするんだから無理もあるとは思いますが、

Jelena Jankovic

の「J」は発音しないから「エレナ・ヤンコビッチ」とするのはわかります。
ところが、

Novak Djokovic

になると「ノバク・ヨコビッチ」になるのは?
「D」はどこ行ったの?
横ビッチはないでしょう。ほかの雑誌やWOWOWは「ジョコビッチ」としてます。

以前にも「エレーナ・ドキッチ」という選手がいて「ドキック」と呼ばれることを嫌がって自ら「ドキッチ」にしてくれと申し入れがあったのに、かたくなに「ドキック」と呼び続けてましたね。

「クライシュテルス」に関しても、最初はどこも「クリスターズ」と読んでいたのを、彼女の母国語読みの「クライシュテルス」に変えたのに(というか戻したのに)NHKだけはなかなか変えず、今では「クリステルス」なんて呼んでます。

その説明が
「英語読みではこうなので・・・」
だったらしい。

まぁ土台、外国の言葉なのでカタカナにしちゃうのは難しいものだとは思うので、どれが正しいとはいえないのだけれど、せめて、それぞれの母国の発音に近くしてほしいし、どこも共通の呼び方にしてくれないと違和感があって・・・
どうしても、よく聞くほうの呼び方がなじみますよね。

それにしても最近は、ビッチやコフやオバがつく人たちが強くなってきたねぇ。
ちょっと昔はアメリカ勢がとても多かった時代もあったのだけど、このごろは勢力図がかなり変わってきたような気がしませんか?

日本が圏外なのがちとさびし・・・

Wimbledon Day 10 主な結果★

Men

4R
Baghdatis d.Davydenko 7-6(5) 7-6(5) 6-3
Berdych d.Bjorkman 6-4 6-0 6-7(6) 6-0
Djokovic d.Hewitt 7-6(8) 7-6(2) 4-6 7-6(5) 
Nadal d.Youzhny 4-6 3-6 6-1 6-2 6-2


Women

QF
Venus W. d.Kuznetsova 6-3 6-4
Ivanovic d.Vaidisova 4-6 6-2 7-5

2007年7月 5日 (木)

ウィンブルドンテニス2007 大会9日目

間違えた。

ナダルの試合、「5日間」でした。
雨での中止は7度。
散々ですね。

そんなんでも日曜日には試合をしないって決めた大会側、だいじょうぶなのかな・・・
ナダルもご自分のブログでちょっぴりボヤいてましたよ。
「ウィンブルドンはいろいろ変わったことがある大会だ。」
って。

そりゃあなた、歴史と文化と伝統と格式がそうさせるのですよ。ええ。

今日はお天気はよさそうですね。
天気予報も昨日とはだいぶ違っています。

Today 14 / 20 Sunny intervals
Friday 12 / 22 Sunny intervals
Saturday 16 / 23 Sunny (Day)
Sunday 14 / 24 Sunny (Day)
Monday 12 / 21 Sunny intervals

だいぶ、っちゅーかまるっきし違うやんw
イギリスのお空は気まぐれなのね。
明日になったらまた違うかもってことか。

夕べのシャラポワとビーナスの試合、面白かった。
あれだけ調子のいいビーナスも久しぶりに見たような。
今年はひょっとしたらひょっとするかもね。

それにしてもあのふたり、あれだけ大声を出していて、試合が終わったら喉とか痛くならないのかね。
わたしらレベルだと、キャーキャー騒ぎながらテニスすると終わってからそこはかとなく喉が痛いものですから。

二人で大声出してるんだから、お互いにクレームの心配はないわね。
隣のコートからクレームがつくことはあっても。

今、ライブスコア見てるんだけど、ナダルがユーズニーに追い詰められてる!!
2-1で負けてるよ。
第4セット、今1-1。

ユーズニーか・・・いつもそこそこ出てくるんだけどね。
彼はダブルスのイメージが強い。
ネットに出ると強いってことかも。
さぁ、どうなりますか・・・

ところで、今日は木曜日、ってことはふつうなら今日、女子は準決勝やってるはず、んで金曜は休んで土曜日決勝。
男子は金曜日準決勝で土曜休みの日曜決勝。
ってな感じのスケジュールなはずなんだけど・・・

エナンとセレナは昨日済んだのか。
QFは今日のビーナスとクズネツォワもさっき済んだ。
そんでイバノビッチとバイディソバが今やってて、もう一組は・・・
バルトリとクライチェクか・・・へぇ。
51294229
このひとがクライチェク。

昔男子で活躍してたクライチェクとは兄妹です。
サフィンとこみたいだね。

今年はクルニコワの従兄弟もでてたらしいよ。

51238237バルトリにいたってはこんな写真しかなかったの・・・

免許証の写真みたいじゃんか。



ちゅーことは、女子のほうはなんとか予定通りにいけそうなのね。
それに比べて男子のほうときたら・・・
ドロー表見てたらまだまだQFも出来ないかんじ。
相当頑張らないと消化不可能。
1試合が長いからね。

頑張れ、男子。
頑張れ、お天気。

Wimbledon Day 9 主な結果

Men

4R
Gasquet d.Tsonga 6-4 6-3 6-4
Roddick d.Mathieu 6-2 6-5 7-6(6)

3R
Nadal d.Soderling 4-6 4-6 7-6(7) 6-4 7-5
Djokovic d.Kiefer 7-6(4) 6-7(6) 6-2 7-6(5)

Women

QF
Henin d.Serena W. 6-4 3-6 6-3
Bartoli d.Krajicek 6-3 3-6 6-2

4R
Venus Williams d.Sharapova 6-1 6-3

2007年7月 4日 (水)

ウィンブルドンテニス2007 大会8日目

548365635_47b7474ecf_1まーホントによく降ること。
これはウィンブルドンテニスファンの叫びですね。

イギリスもやっぱりこの時期は「梅雨」にあたるものなのかな?
よく知りませんが。

こう雨で中断が続くと大会主催者側はハラハラしてるでしょうね。
毎年のこととはいえ、今年はいつにもまして大変みたい。
この調子でいくと、選手は勝ち進むにつれ疲労がたまってくるにもかかわらず、お休みがない。
野球で言えば連日連投が5日間も続くんです。

しかしながらこれも、予定通りに行けば、の話。
一日でも順延すれば、ダブルヘッダーなんかもやんなきゃ、なんてことに。

故障者続出だよ・・・(;´Д`)

ナダルなんかもう、一試合に3日かかったよ。
出たり入ったり、忙しいっちゅーかなんちゅーか、落ち着かないよね。
やっとこさ、今日決着ついたみたいだけど。

で、現地の天気予報。

     today:::Light rain shower
Thursday:::Sunny intervals
    Friday:::Light rain shower
Saturday:::Heavy Rain
  Sunday:::Sunny

・・・どうすんだろかね、コレ・・・

Wimbledon Day 8 主な結果★

Men

4R
Ferrero d.Tipsarevic 7-5 6-3 7-6(5)

3R
Davydenko d.Monfils 6-3 7-5 6-3
Hewitt d.Canas 6-4 3-6 6-3 6-4

Women

Bartoli d.Jankovic 3-6 7-5 6-3
Ivanovic d.Petrova 6-1 2-6 6-4
Vaidisova d.Mauresmo 7-6(6) 4-6 6-1
Kuznetsova d.Paszek 6-3 6-2


2007年7月 3日 (火)

ウィンブルドンテニス 2007 大会7日目

B_08_swilliams_048_empics_j_buckleセレナがハンチュコワに泣かされてる!?

夕べの放送を見ていた人はご存知でしょう。
セレナのふくらはぎが激しく痙攣。
コートの中で座り込んでしまい、そこで治療を受けていました。
よっぽど痛かったんでしょうね。

雨のため、中断があったため、長時間戦っていたわけではないのに、プロでもあるんですね、こういうことって。

その後は動くことが出来ず、サーブも腕だけで打ってました。
結果、2セット目はタイブレークになり・・・

ハンチュコワもやりにくかったと思います。
怪我をしてる人を相手にするときって、なんか、あからさまに走れないところに打ち込んだり、ドロップショットなんかやっちゃうと、見てる人は

「あぁ、試合だからしょうがないけど、あそこまでやるぅ?」

ってな感じで見ちゃうよね。
イメージ悪いやん。

そんな感じでハンチュコワが4-2としたところで・・・

なんと!セレナ父が天を指差してなにかわめいている!
審判台のテーブルがゆっくりと開けられ、

「ナンタラカンタラプレイサスペンデッドナントカ・・・」
(英語が外人離れした私にはこう聞こえました)

・・・すごい。
凄すぎる。

雨雲まで呼んじゃうのか、あの親子。
セレナの痙攣にとって、本当にこれ以上ないタイミングでのサスペンデッドとなりました。

結局その後、2時間後に再開されたタイブレークはハンチュコワ。

1セットオールとしてからはハンチュコワになんか元気がなく、というか、あまりのセレナの迫力に負けている、というか・・・。

ナイーブなんだよね、ハンチュコワ。
いつか、ウィンブルドンの試合で浅越も泣かしてたよね。
泣くかぁ?ふつう、プロが。

結局、天にも味方されたセレナの勝利となりました。

お姉さんのビーナスも辛くも勝利。
惜しかったねぇ、森上。

ファイナルセット5-3まで追い詰めたと思ったのに・・・
上位選手は追い詰められてからが強いんだよね。
逆に、下位の選手は勝ちが見えてきてからが弱い。
よくあるよね、こういうこと。

どこかに強い心臓、売ってるトコありませんかね?
私も是非ほしいの(T_T)。


★Wimbledon Day 7 主な結果★

Men
Youzhny d.Nieminen 7-5 7-6(5) 6-3
Bjorkman d.Arthurs 6-2 6-1 6-4
Berdych d.Lee 6-4 7-6(2) 7-6(3)
Baghdatis d.Nalbandian 6-2 7-5 6-0
Federer d.Haas WO

Women
Krajicek d.Granville 6-3 6-4
Serena W. d. Hantuchova 6-2 6-7(2) 6-2
Henin d.Schnyder 6-2 6-2

3R
Venus W. d. Morigami 6-2 3-6 7-5
Petrova d.Ruano-Pascual 6-3 7-6 (3)
Paszek d.Dementieva 3-6 6-2 6-3
Vaidisova d.Azarenka 6-4 6-2
Kuznetsova d.Radwanska 6-2 6-3
Ivanovic d.Rezai 6-3 6-2

2007年7月 2日 (月)

ウィンブルドンテニス2007 大会6日目

大会も後半戦、今日の第一試合は、おととい雨でサスペンデッドになっていた森上亜希子VSビーナス・ウィリアムズ!

ただいま禁を犯してライブスコアで観戦中。

第1セットは2-6で落としたものの、第2セットはサスペンデッドとなり、今日試合再開後6-3で奪取!
ただいま4-3で勝っております!

ライブスコアって、サーブのスピードとポイントをどちらが取ったか、くらいしかわからないのだけど数字だけとはいえ緊張しちゃいますね。
こういう緊迫した試合はとくに。

あ、ライブスコアは大会オフィシャルページから見られます。
ココから↓↓↓
http://www.wimbledon.org/en_GB/scores/index.html

各ゲームの欄の下、→scoreboardから大きいキレイなスコアボードが見られます。
メインの試合はpointtrackerってのがあって、そちらはボールの軌道が画像処理されたものが見られます。
こっちは結構面白い。

とか言ってるうちに5-3になってた!
あー!怖い!

コートは例の魔の2番コート!
大丈夫、コートの悪霊は森上についてる、ってあんまり聞こえはよくないけど。

この辺で実況はやめておきましょう。
後は今夜の放送で観ようね(   ̄▽ ̄)ノ

今日の結果はまだ出てないのでまた明日。



2007年7月 1日 (日)

ウィンブルドン2007 Middle sunday

673907858_b99d9aed18_b_1ウィンブルドンは大会6日目。
今日はMiddle sunday、日曜日は何があってもお休みです。
日曜日に働くのは悪いことです。

イギリスのお国柄ですかね。
昨日は雨でサスペンデッドになっている試合もたくさん消化しないといけないし、今後も雨は多聞に予想されることなのに、大会主催者側は超余裕。
まぁ、そんなこんなでも毎年何とかなっちゃうんだから凄い。

上の画像、見てのとおりコートのアップです。
クリックで大きい写真になります。

芝生って言っても私が知ってる芝生とは大違い。
このくらいにしないとボールが弾まないよね。
でもさ、大会はまだ半ばだというのにもう凄く荒れちゃってる・・・イレギュラーもひどいみたいだし。

いっそのことオムニにしたらいいのに。
そしたらさ、日本も少しは有利かも。

まぁ、「伝統と格式」がそれを許さないでしょうが。

それにしても、あの大会終盤のズタボロになったコートでイレギュラーに苦しみながらテニスをすることにどんな意味があるのか。
どこにボールが落ちてもどこを走っても条件が同じほうがプレイしやすい・・・イヤちょっと待て、あえてそのコートコンディションをすべて把握してむしろその状況を利用できるプレイヤーが勝利する、ということかも。
う~ん、そう考えるとウィンブルドンってやっぱり奥深い。

とにかく、今日はお休み。
杉山は惜しくも負けちゃったけど森上は1セットは落としたものの2セット目4-1のリードでサスペンデッドになってる。
森上としてはあのままゲームしたかったとは思うけど、今日はゆっくり休んで明日、頑張ってほしい。

Men
無し!!

Women
Sharapova d.Sugiyama 6-3 6-3
Mauresmo d.Santangelo 6-1 6-2

こんだけぇ~?

2007年6月30日 (土)

ウィンブルドンテニス2007 大会5日目

74952694_s 。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ヒンギスが負けちゃった・・・
しかも、放送なし。
相手、誰?
「グランビル」?ごめん、知らん。

魔の2番コートで、ついにジンクスに飲み込まれたか。
このまま引退なんてことにはならないよね?
ヒンギスの「非力なのに強い」テニス、もっともっと観たいです。
女王として君臨してたころの観ていて安心感のあるテニスではないのだけど、ほかの選手にはない面白さがありますね。
次回に期待!

さて、もひとつひっそりとサフィンも消えました。
これまた放送なし。

そりゃあね、今回の対戦相手はフェデラー。
期間の後半にはフェデラーばっかりになっちゃうだろうとの予想で、今のうちはほかの選手を・・・と思ってのことなのだろうけど、楽しみにしてる選手がいつの間にかいなくなっちゃうのはホントに残念。

NHKはチャンネルいっぱいあるんだからさぁ、もっと頑張ってくれてもいいんじゃないの?WOWOWに比べて放送時間のボリュームが低すぎる。
誰も見てないような番組の再放送流すくらいなら、期間中のわずか2週間ぐらいはこっちのほうをサービスして欲しいよ。

アナウンサーも解説もダメだ。
コメントがちっともヒネリがない。間違えても謝らない。
誰でも知ってるような話しか出来ない。

解説:「ここで、ビッグサーブ、センターに来ますよ」
進行:「はい。」

選手:パコーン!!

進行:「・・・ワイドでした」
解説:「はい。」

・・・ごめん、やっぱ面白いわ。

今夜は杉山VSシャラポワがあるよ。
オフィシャルのライブスコアで結果を先に知っちゃうか、あえて知らずに放送を見るか、そこが問題だ・・・。

Wimbledon Day 5 主な結果★

Men
Federer d.Safin 6-1 6-4 7-6(4)
Tsonga d.Lopez 6-3 7-6(4) 6-3
Gasquet d.Roger-Vasselin 6-3 6-4 6-2
Ferrero d.Blake 3-6 6-3 6-3 7-6(4)
Haas d.Tursunov 1-6 6-4 7-6(5) 6-4
Mathieu d.Ljubicic 4-6 7-5 6-2 6-3
Tipsarevic d.Gonzalez 6-3 3-6 6-3 4-6 8-6
Roddick d.Verdasco 6-3 6-4 7-6(2)


Women
Henin d.Vesnina 6-1 6-3
Jankovic d.Safarova 5-7 6(4)-7 6-2
Serena W d. Sequera 6-1 6-0
Krajicek d.Chakvetadze 7-6(8) 6(5)-7 6-2
Granville d.Hingis 6-4 6-2
Hantuchova d.Srebotnik 2-6 6-3 6-4
Schnyder d.A.Bondarenko 6-4 3-6 8-6
Bartoli d.Peer 6-3 6-2