2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

サーティナイン・ドンマイ合宿In蒲郡2010

  • Cimg0944
    サムネイルクリックで大きい画像になります。 お好きな画像の上で右クリックから「名前をつけて画像を保存」をお選びになり、お持ち帰りくださいね~(* ゚ー゚)ノ
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 全仏オープンテニス2010 Roland Garros Day2 | トップページ | はやぶさくん、おかえり。 »

2010年5月26日 (水)

全仏オープンテニス2010 Roland Garros Day3

更新途中でブラウザクラッシュorz
なんかおかしなことになってましたが今日のエントリーはコチラでゴザイマス。


Nadal Cruises; Safina Bounced

Date_3
伊達クルム公子選手…あなたって人は………

B8cf377e5aa94273aa174de6e4216f37

なんてスゴイ人なのぉーーーーー!!

ふくらはぎをテーピングでガッチガチに固めた彼女が登場。
足が痛いのか…かわいそうに…言いたかないが彼女も39歳…まぁ他にもアチコチいためてるのだろうなぁ。

ゆうべネット観戦しながら、1セットダウン1-4になって、あぁこれはもう…でもしょうがないよ、よく頑張った…なーんて思いながら観てましたが…

おいおいおい…4-4まで盛り返しちゃったよ…スゲーなオイ…
と思ってふと思い出した。

そうだった、彼女は自他共に認めた有名な「スロースターター」だったわ。
あのグラフとの有名な試合、日没サスペンデッドがなかったら負けてたかも…と後にグラフは語った。

えーーー、今でもやっぱりエンジンかかるの遅いのかーーー。
サフィーナは勝っているにもかかわらずどうも気持ちよく試合が進んでいかない様子にストレスは飽和状態なようで、時折突然にぎゃーーーーーーーーーっっと大きな声を出す。
溜まってる溜まってる。

そりゃそうだろう、なんでかわからないがいつものような気持ちいいプレイがさせてもらえない。
押しているのはどう見てもサフィーナ。
でもジリジリとポイントを奪われていく。

なぜ?

悩め悩め。ともぷーオバちゃんはもう思い出したたぞ。彼女の強さの秘密を。

伊達さんのフォームを見てるといつも思う。
今の若い人のように、渾身の力をこめて振り切るストロークとは全く違う。
失礼だとは思うが、何故あのようなフォームであんなにも強いのか。

ゆうべはネット観戦でのアメリカ解説もそこのあたりがどうも気になっていたようで、しきりにスロー再生しながら
「このフォアのストローク…スイングはコンパクトでフラット…そしてバック…こちらもコンパクトなスイング…スピン…そして角度…全くアメージング」

彼女の代名詞といえばそう、「元祖ライジングショット」。
今のテニスには必須の技術になっていますが、他の選手のライジングとは何か一味違う。

ただ返球が速いのではないのだろう。
相手の力を十分に利用して、しかもコースが厳しく深さが絶妙、相手が完全な体勢になる余裕が無い。
サフィーナが力をこめればこめるほど、伊達さんの返球も速く鋭く帰ってくる。
しかもその長短の距離感が絶妙なのだ。

ほんのちょっと短い、ほんのちょっと長い、そんなギリギリのコースに次々とボールが決まる。
それはもう面白いくらいに気持ちがいい。見てるほうは。

当のサフィーナはタマランだろう。

(私はこんなんじゃないのに。もっとすごいボールを打てるのに)ギャーーーーーーーっ!!

ってな状態らしい。
サフィーナは「伊達さんのプレイは見たことはあるが、試合をするのは初めて」と語る。
思っただろう、「なーんだ、ぜんぜん怖くないじゃん。ストロークとか弱そう」と。
今、何故だか全然自分のテニスがさせてもらえない状況に混乱している様子。

そんなこんなでジリジリとポイントを重ねられ、とうとう追いつかれてしまう。
サフィーナはメンタル面が限界。
しかし伊達さんのほうもフィジカル面での限界が来ている。
何度もトレーナーが出入りする。

もう走れない伊達さん。
しかしココへきてまた凄いものを見た。

普段は左利きで生活している伊達さん、追い込まれたバックへのボールはラケットを持ち替えて左手で受ける。
そんなことに解説が驚いているまもなくあることに気付く。

サフィーナの返球がなぜか伊達さんのいるところに集まるんだよ。
伊達さんはもう走ることが出来ないのがわかってるのに走らせることが出来ないの。
いるところ、いるところへなぜかボールが帰ってしまう。
走らせるつもりがなぜか走らされてる…

最終ゲームはなんとラブゲームでブレイク。
これはサフィーナにとってもまた「トラウマゲーム」になっちゃったんだろうなぁ…

恐るべし…伊達クルム公子…
中一日の休みしかないので、足の状態がどれほど回復するかわからないが、一生懸命頑張ります、とのコメント。

あぁ…10年もどうして休んでたのか…
ホントに今更ながら、惜しいなぁ。

さて、大会の主な結果です。

★★★ Men's Singles - Day3 ★★★

Andy Roddick(6)
- Jarkko Nieminen 6-2 4-6 4-6 7-6(4) 6-3
Lleyton Hewitt(28) - Jeremy Chardy 7-5 6-0 6-4
Fernando Verdasco(7) - Igor Kunitsyn 6-4 6-2 6-2
Gianni Mina - Rafael Nadal(2) 2-6 2-6 2-6
Juan Carlos Ferrero(16) - Pablo Cuevas 6-4 6-3 6-1
David Guez - David Ferrer(9) 1-6 3-6 1-6
Robby Ginepri - Sam Querrey(18) 4-6 7-6(3) 6-4 6-2
Jurgen Melzer(22) - Dudi Sela 7-5 6-2 6-4
Karol Beck - Philipp Kohlschreiber 6(7)-7  7-6 1-6
Grega Zemlja - Juan Monaco(26) 7-6(6) 3-6 7-5 6-3

★★★ Women's Singles - Day3 ★★★

Maria Elena Camerin - Marion Bartoli(13) 2-6 3-6
Tsvetana Pironkova - Justine Henin(22) 4-6 3-6
Maria Sharapova(12) - Ksenia Pervak 6-3 6-2
Dinara Safina(9) -
Kimiko Date Krumm 6-3 4-6 5-7
Alize Cornet - Anastasia Pavlyuchenkova(29) 4-6 2-6
Sandra Zahlavova - Yanina Wickmayer(16) 1-6 1-6
Daniela Hantuchova(23) - Tamarine Tanasugarn 6-1 6-1
Ayumi Morita - Kirsten Flipkens 1-6 4-6
Shahar Peer(18) - Nuria Llagostera Vives  6-1 6-4
Jie Zheng(25) - Ekaterina Bychkova 7-5 6-4
Alberta Brianti - Vera Zvonareva(21) 3-6 1-6

()内はシードナンバーです。実際のランキングとは異なる場合があります。

« 全仏オープンテニス2010 Roland Garros Day2 | トップページ | はやぶさくん、おかえり。 »

全仏オープンテニス2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/91562/34895965

この記事へのトラックバック一覧です: 全仏オープンテニス2010 Roland Garros Day3:

« 全仏オープンテニス2010 Roland Garros Day2 | トップページ | はやぶさくん、おかえり。 »