2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

サーティナイン・ドンマイ合宿In蒲郡2010

  • Cimg0944
    サムネイルクリックで大きい画像になります。 お好きな画像の上で右クリックから「名前をつけて画像を保存」をお選びになり、お持ち帰りくださいね~(* ゚ー゚)ノ
フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

愛べきテニス

2010年5月16日 (日)

サーティーナイン・ドンマイクラブ合同合宿2010 In蒲郡!!!

641d8063f31c469597b0dca7ed77ab7a

いよいよ恒例になりました「サーティーナイン・ドンマイクラブ合同合宿2010 In蒲郡」
前回は2度も雨に泣かされてきた我々ですが、今年は晴れやかに澄み渡る空はぴっかぴか、吹き抜ける風はひんやりと心地よく、もう最っ高の合宿となりました。

今年は例年の参加人数がチョッピリ減り、寂しさもありましたが、いわゆる「雨男・雨女」はそのお休みしていたうちのどなたか、ということが実証されましたね、ハイ。

遠くからいらっしゃってくださったサーティーナインの皆さんもアチコチ故障で満身創痍のズタボロお変わりないようで安心。
そのコチラが女性でも遠慮なく打ち込む力強いプレイは本当に勉強になり、楽しかったです。

終盤は、戦友が倒れるかのように「パス&ログアウト」を宣言するお方も増えていきましたが…w
まぁ、二日で合計8時間のプレイはちょっとキツイかったねw
私も家に帰ってきて、自宅の階段にけつまづいて転んでしまいました。
足が上がってるつもりで上がりきってなかったたようです…orz

続きを読む "サーティーナイン・ドンマイクラブ合同合宿2010 In蒲郡!!!" »

2009年5月18日 (月)

第2回 サーティーナイン&どんまいクラブ合同合宿 in蒲郡!! イェ~イパチパチ・パチ・・・パ・・・チ・・・あぁ・・・

去年に続き、サーティーナインさんからのお誘いにより、第2回合同合宿が行われました。
去年はお兄様方にはあんなにあらゆる意味で酷い目に合わせてしまったのに・・・ありがとうゴザイマス!
今年は晴れたらいいね・・・との願いむなしく。

出発時間。
なんかお空から冷たいものが降ってきたような気がしたが、気のせい気のせい。
車の窓にもポツポツとなんか落ちてるけど気のせいだって。
だってこんなにいい人ばっかり集まるってのに、神様はきっと見ていらっしゃる・・・

あぁ・・・もうね・・・いいよ・・・
いーよいーよ!雨でいーよ、いーですよ!!
どうせそうですよ。
メンバーの誰かの日ごろの行いが悪いんですよ、うん私以外の。

っつーわけで残念ながらまたも雨となってしまいました。
アチラのお兄様方は去年の雨には参っていらっしゃったご様子なので、「現地コート集合」になっているとはいえ、いまごろ屋根の下でボヤいてるかと思いきや・・・

続きを読む "第2回 サーティーナイン&どんまいクラブ合同合宿 in蒲郡!! イェ~イパチパチ・パチ・・・パ・・・チ・・・あぁ・・・" »

2009年2月28日 (土)

いっしょにやろーよ!

Donmai

「ドンマイクラブ」は各務原市テニス同好会所属のテニスクラブです。
各務原市及び近郊にお住まいのテニスを愛してやまない方、日ごろの運動不足を解消したいな~とかメタボがヤバイな~とか常々お考えの方、募集中(※テニスで痩せる保障はありませんw)。

会員は現在13人。
も少し増やしたいなーと思っております。

活動は各務原浄化センター内テニスコートにおいて毎週月曜日と金曜日10:00~12:00、月曜は美人コーチ(注:「美人」の基準は個人によりバラつきが)によるレッスンがあります。

金曜日はフリープレイ。
練習試合など和気アイアイ。

その他、バーベキューや合宿なども不定期で行われます(過去記事:カテゴリ「愛べきテニス」にチョッピリ画像が)。

会費は月曜日・金曜日両方参加なら\2,000/月。
(毎月¥1,500、前納分年2回¥500x6)
金曜日のみ参加は¥500/月となります。

老若男女(「若」はあまりいないかも)入り混じりの楽しいクラブです。
初心者も歓迎いたします。

興味を持ってくださった方はコメント欄にその旨お伝えください。
お待ちしております。

2008年10月26日 (日)

くろぼく・ドンマイ合同BBQパーティ いぇ~いパチパチパチO(≧▽≦)O

Sbsh0009

夏のBBQに続き、秋のBBQパーティー。
心配されたお天気もいー感じに曇り空で。

くろぼくさんの各所優良農園からお野菜の調達、いいですねぇ、自給自足。
全くもってくろぼくメンバー様様です。

グリルのセットは¥ちゃんがどっかでもらったとかいう新品。
お手ごろサイズでいい感じでした。

続きを読む "くろぼく・ドンマイ合同BBQパーティ いぇ~いパチパチパチO(≧▽≦)O" »

2008年10月 3日 (金)

「きーせん」ってなに?おいしいの?

ドンマイクラブ恒例となっております「夏の飲み会」が時期的にちょっとずれ込み、「初秋の飲み会」となってしまいましたが、先日大盛況のうちに終了。
最近巷を賑わす香ばしいニュースたちに翻弄されるうちにコチラについてUPするの忘れてました。
関係各位の皆様、ごめんなさい。

ドンマイクラブメンバーNさんの急なキャンセルに伴い、急遽ピンチヒッターとして入っていただいたのが、当ブログにおいてちょくちょく登場していただいている「¥ちゃん」。
急なお願いをご快諾くださり助かりました。

楽しかったねぇ・・・
それにしてももう、¥ちゃんたらハリキリ過ぎだから。

続きを読む "「きーせん」ってなに?おいしいの?" »

2008年7月27日 (日)

テニス仲間「くろぼく」さんにBBQに誘っていただきました。

Sbsh0004
(各画像クリックで大きい写真)

先日の土曜日、「くろぼく」さんでテニスのあと、BBQ&スイカ割りイベントに誘っていただきました。
野菜は「くろぼく農園」・・・と言うのか言わないのか判りませんが、彼らが丹精こめたものと、「どんまい」メンバーのKさん農園からの提供です。

とにかく暑い日でした・・・
岐阜は37度予想でしたが、コート上はもっとあるでしょうね。
午前中のテニスは死ぬかと思った。
暑い日のテニス、きっと身体に悪いですね、ええ。
せいぜい死なない程度に楽しみましょう。

で、お楽しみのBBQです。

続きを読む "テニス仲間「くろぼく」さんにBBQに誘っていただきました。" »

2008年6月17日 (火)

遅まきながらアルトワ選手権:ナダルvs錦織 圭・・・いやん、すっごい♡

Rafael_nadal

ウィンブルドンの前哨戦ともいえるアルトワ選手権。

HPはコチラ↓
THE ARTOIS CHAMPIONSHIPS
THE QWEEN'S CLUB LONDON
http://www.artoischampionships.com/1/home/default.asp


ナダルがジョコビッチを押さえ優勝となったようですが、日本のテニスの王子様、錦織 圭選手が3回戦で善戦、惜敗ながらもナダルを上の画像のような姿にさせ、1セットとっちゃった動画、見つけてきました。
ど~ぞ~

続きを読む "遅まきながらアルトワ選手権:ナダルvs錦織 圭・・・いやん、すっごい♡" »

2008年5月27日 (火)

サーティーナイン&ドンマイテニスクラブ 合同合宿っ!

先日(24,25日)、蒲郡においてサーティナイン(長いので以下「39」)とドンマイテニスクラブ(以下「ドンマイ」の合宿親睦会が行われました。

Y田さん(以下¥ちゃん)のつながりで、素敵な会となりました。

心配された当日のお天気、降水確率は80~90%とのことでほぼ絶望的。
しかし曇天ながらもなんとかもっていて、

「やーやっぱ私の日ごろの行いですよ」

などと言っておりましたが、コートに到着しバッグからラケットを取り出そうとしたところ・・・

 

続きを読む "サーティーナイン&ドンマイテニスクラブ 合同合宿っ!" »

2008年5月15日 (木)

エナン引退発表「気持ちが残っていない」・・・引き際の美学ねぇ・・・

 7度の4大大会優勝を誇る世界ランキング1位の女王ジュスティーヌ・エナン(25=ベルギー)が14日、地元ベルギー・リムレットで記者会見を行 い、現役引退を表明した。突然の引退理由について「もう気持ちが残っていない」と話した。WTA(女子テニス協会)によると、世界1位のままで現役を退く 選手は初めて。4度優勝を誇る25日開幕の全仏オープンには出場せず、この日限りでラケットを置いた。今後については未定。

 突然の引退発表だった。会見場を埋めた報道陣を前に、エナンは切り出した。「自分の人生はすべてテニスとともにあった。もうこれ以上望むことはない」。隣に座ったロドリゲス・コーチが泣いていたが、エナンに涙はなかった

 4大大会7度制覇の女王も、今年に入ってライバルに完敗するようになった。シャラポワやS・ウィリアムズから1ゲームも取れないセットもあった。「この数カ月、世界のトップとして必要な精神力がなくなった」と気持ちが続かなくなったことを明かした。

 半年前から引退について考えるようになったという。先週のベルリンの大会で3回戦で敗れ、引き際の決心がついた。今週のイタリアンオープンは疲労 を理由に欠場していた。「もう心身共にバランスが崩れてしまった。今は悲しいよりホッとしている」と話し、今後の去就については具体的に明言しなかった。

 167センチ、57キロと小柄ながら、全身を使った強烈なストロークでパワーテニスに対抗した。昨年引退したクライシュテルスと4大大会決勝で3 度対戦するなど「ベルギー時代」を築いた。一方でケガや病気とも闘った。04年に初めて世界1位になったときは、ウイルス性疾患で半年ほど棒に振った。 06年全豪決勝では体調不良で途中棄権。持病のぜんそくにも苦しんだ。

 12歳で母をがんで亡くし、父とは口も利かない絶縁状態を経験した。02年にアーデン氏と結婚したが、昨年、離婚した。つらい人生をテニスに打ち込むことで乗り越えてきた。しかし、その気持ちも、わずか25歳にして、燃え尽きる時を迎えたようだ。

 [2008年5月15日8時19分 紙面から]nikkanSports

え~、ちょっと待ってよ~・・・

続きを読んでやろうという殊勝なお方は↓↓↓

続きを読む "エナン引退発表「気持ちが残っていない」・・・引き際の美学ねぇ・・・" »

2008年5月 4日 (日)

ヒンギスとグラフ・・・これがかの有名な フレンチ ファイナル

Defaultfグラフ・ヒンギス、2強時代が語られるとき、必ず話題に上るのがこの試合。

リアルで観てましたけど、これは辛かった・・・
誰もがヒンギスの勝ちを予想していました。
そう、あのときまでは・・・
Graf vs Hingis 1999 FrenchOpen Final Highlights (1/3)

いつもにこやかに楽しそうにプレイするヒンギス。
クレバーなテニスに、女王の世代交代か・・・と思わせましたが・・・
ここからなんだか雰囲気が変わっていきます。

Graf vs Hingis 1999 FrenchOpen Final Highlights (2/3)


なぜかこの動画をアップした人は大事な部分をがっつりカットしてあります。
実は問題のシーンがいっぱいあるのですよ。

追い上げられたヒンギスはフラストレーションがたまってボールを地面に叩きつけてみたり、ラケットで地面を叩いてガットを切ってしまったり。
女王の交代を待ち望んでいたはずの観客は、グラフの追い上げに加えヒンギスのそういう態度に対し明らかにグラフ側の応援に傾いていったのです。

ポイントが決まったときの観客の声援が露骨に偏っているのがわかるでしょう。
まだ18歳の少女だったヒンギスには味わったことの無い疎外感だったことでしょう。
表情は暗く硬くなっていきました。

次に彼女は自分の打った球がアウトと判定されたことに対し執拗に抗議し、なんとルール違反を犯し相手コートの中まで入っていき、「ここなのよ!」とボール跡を示し、かたくなに食い下がりました。
ここまで来るまでに、いくつものボールが彼女に不利に判定されていたことも気持ちの中にわだかまりがあったのでしょう。
ゲーム中にもかかわらず、ベンチに座りこみ動こうとしませんでした。

もうこれで決定的。
観客の心はグラフのものです。
その後ペナルティーを取られようやくゲームを再開すると、ヒンギスはトイレット・ブレークをとり、ロッカールームに下がりました。

それを待っている間、グラフは観客と一緒にウェーブにまで参加。
あのような明るい表情のグラフは見たことがない、というくらいの会場と一体化した彼女の高揚感。

髪をまとめ、着替えを終えたヒンギスが戻ってきたときには彼女の居場所はありませんでした・・・

Graf vs Hingis 1999 FrenchOpen Final Highlights (3/3)

流れはヒンギスに来ないまま第5セットをブレークされてからはそのままグラフがマッチポイント。
この動画はかなりなヒンギスファンが編集したのか、あるいはフランス人がエゲツないことをばらしたくなかったのか、ヒンギスに辛く当たるシーンはほとんどありませんが、実際にはちょっと雰囲気が違う。

他のコートでは絶対に無いことですが、クレーコートでは審判の判定に疑問があると主審が降りてきてボールマークを見て判定をやり直してもらえます。
それは全員に平等に与えられる権利です。

しかし、フランスの観客はヒンギスにそれを許しませんでした。
ヒンギスがチェックを要求すると容赦ないブーイングの嵐。
自分のふがいなさにラケットで地面を叩けばまたブーイング。
ヒンギスのボールが際どくINすれば、アウトじゃないかとブーイング。

一方グラフにはポイント間にすらウェーブが起こり止らない。
ポイントを取るたびに立ち上がって拍手と歓声を浴びせる。

どこの国でも愛されてきたヒンギスがはじめて味わう孤独感。
どんなに悲しかったか・・・

そして迎えたグラフのチャンピオンシップポイント。
なんとヒンギスはアンダーサービスを放つという奇襲作戦に出る。
こんなやりかたでチャンピオンシップポイントを消され、観客の怒りは爆発。

激しいブーイングとグラフへの声援。
終わりが来るときまで歓声は完全にグラフのものだった・・・

試合に破れ、急ぎ足でロッカーに戻るヒンギス。
このあとはカップの授与式であるため、そこにいないことは大きなマナー違反であることは間違いない。
戻ってこない彼女を心配し、彼女の母親が迎えに行った。
十分足らず後、母親に肩を抱かれ泣きながら出てきたヒンギスは、次期女王ではなくただの18歳の少女でした。

もうね、これ、LIVEで観ながらヒンギスが可哀想で可哀想で涙が止まらなかったことを覚えています。
今までいろいろな試合を見ても号泣したのはこれだけかも。
試合の成り行きをこれほど覚えている試合は他にはないし。

TV解説も、あれだけのフランス人の偏向した応援にはちょっと残念がってましたね。

結局このあとグラフは引退し、ヒンギスにはリベンジの機会さえ与えられていません。
ヒンギス自身、このあとからは徐々にパワーテニスに押され、あれだけの才能がありながらパワーの女王が誕生するまでの暫定女王と呼ばれ・・・結局そのまま引退へ。

復帰後にフレンチのコートに登場したときは観客からはスタンディングオベーションが起こったのだけど、彼女の内心はどうだったんでしょうね・・・